中型車とは

中型車についてご説明いたします。中型車は正式には中型自動車と言い、日本の道路交通法令における自動車の区分のひとつです。車両総重量5000キログラム以上11000キログラム未満とされていまして、最大積載量3000キログラム以上6500キログラム未満で乗車定員は11人以上29人以下の車両を指すとされています。いわゆる「4トントラック」及び「マイクロバス」のことなのです。

特徴としましては、日本の法令上の自動車区分で大型自動車と普通自動車の中間とされ、道路交通法とそれに基づく法令に規定されます。寸法には制限がなく、重量要件を満たすことができれば、全長12メートルの車両も中型車の免許があれば運転できます。また、最大積載量2トンのトラックの一部の車種は車両総重量が5トンを超えますので「中型車」となる場合もあります。

その他にも4ナンバーの車であっても最大積載量が3トンで中型車とみなされるものもありますので、普通自動車の免許のみの方はご確認が必要です。運転免許の範囲を超えてしまいますので、うっかりしますと無免許運転となってしまいます。運転予定の車がどのような種類のものであるか、さらなる注意を怠らないようにしましょう。